お金速報

専業トレーダーが新鮮なお金の話題をまとめてます。

    スポーツ

    1 2019/10/09(水) 12:56:06.82 ID:B9kE7r0f9
    活躍次第では規格外の契約、大金を手にすることができるメジャーリーグ。だが、メジャーに上がるまでには過酷な日々を過ごしているようだ。3A、2Aを行き来するマイナーリーガーが給料明細を公開し年俸の低さが米で話題になっている。

    「ジャイアンツのマイナーリーガーが給与明細を投稿し、マイナーリーガーたちが年間で稼ぐ給与があまりにも低いことを強調した」

     こう見出しで伝えたのは米ヤフースポーツだった。記事ではジャイアンツのタイラー・シアー投手が自身のツイッターで給料明細を公開したことを言及し「シアーは毎シーズン彼の夢へと近づいている一方で、マイナーリーグの中で昇格しても給与の大幅な増額が伴っていたわけではない」とレポートした。

     シアーは昨年2Aで55試合に登板、今季は2Aで37試合、3Aで1試合に登板するなどリリーフとして活躍する26歳。シアーがツイッターで公開した年俸の給料明細は総支給額が1万275ドル(約110万円)、手取りは8216ドル58セント(約88万円)だった。

     シアーだけでなくマイナーリーガーたちは生活のためウーバードライバー、造園など様々な副業を行っているという。マイナーとメジャーでの待遇の違いにも言及しながら「MLB選手たちはMLB選手会に守られている一方で、マイナーリーガーたちはその組織に属していない。現在の労使協定が終了する際、その状況に変化がみられるかどうかははっきりしていない」と伝えている。

     現在のMLBと選手会の労使協定が終了する際、マイナー選手たちの待遇改善も大きな議題になるとされている。“ハングリー精神”だけでメジャーを目指す選手たちにも限界があるようだ。

    10/9(水) 10:40 フルカウント


    【【野球】<マイナーリーガー>給料明細を公開し年俸の低さが米で話題!シアー投手の総支給額は約110万円、手取りは約88万円.. 】の続きを読む

    1 2019/10/04(金) 22:06:50.60 ID:DnlyruYT9
     阪急、オリックスなどで活躍した元プロ野球選手の松永浩美氏(59)が3日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(木曜深0・12)に出演。
    現役時代に2度の詐欺被害に遭い、1億円超を失ったと明かした。

     俊足好打で鳴らし、史上最高のスイッチヒッターとも称された松永氏が現役時代に稼いだ総額は、11億4000万円。大金を手にした松永氏の元には色々な人物が寄ってきた。
    30代のころ、信頼していた仲の良い夫婦から投資話を持ち掛けられ、「毎月ですよ。300万円くらいずつ、ずっと払っていた。
    時には1500万円現金でドーンって。総額は1億円くらい」。その後、返済してほしいと伝えたところ、「色々言われましたけど、話しているときに(返してもらうのは)無理だなって。
    1億円だから追いかけたいじゃないですか。だから、2年くらい追いかけましたよ」としたが、その後、夫婦は音信不通になったという。

     2度目の被害は税理士による現金持ち逃げ。「1994年の時に、
    1993年の分の税金を1600万くらい家に現金で置いてあった」といい、その現金を税理士に納付してもらうため渡したが、
    「そのまま持ち逃げされた」と告白した。10年ほどかけて滞納分を含めた税金を支払った。
    2度の被害に遭った松永氏は、「自分も悪いので、痛いけどいい勉強になった」と前向きに話した。

     松永氏は、2000年に再婚した18歳下の妻との間に今年2月、第4子となる女児が誕生し、還暦を前にして“新米パパ”として奮闘。
    8月に野球の楽しさを伝えるチャンネル「松永浩美の野球塾」をYouTube内に開設し、ユーチューバーデビューしたことなども報告していた。

    【【野球】史上最高のスイッチヒッター・松永浩美氏 2度の詐欺被害で1億円超失う 現在はユーチューバーも 】の続きを読む

    1 2019/10/02(水) 19:28:12.93 ID:ZMHQfbeQ9
    プロ野球北海道日本ハムが北広島市に開業するボールパーク(BP)の運営などを行う新会社「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」(札幌)に、国土交通省指定の一般財団法人民間都市開発推進機構(東京)が39億円を出資することが1日、分かった。新球場を核としたBPの施設整備などに活用される。国の後押しで事業の信用力が高まり、民間企業や周辺自治体を巻き込んだ事業展開に弾みがつきそうだ。

     2日にも国交相が出資を認定する。出資時期はBPが着工する来年5月の見通し。

    東京スカイツリーなどに実績

     同機構は公共性の高い民間開発事業に、国の資金を活用して出資している。制度ができた2005年度以降、49件の実績があり、東京スカイツリー(東京)に30億円、JR新函館北斗駅前の複合施設建設に5千万円など。BPへの出資はJR中野駅北側の大規模複合オフィス建設(同)の50億円に次ぐ過去2番目の規模で、スポーツ施設関連では初。

    10/2(水) 6:03配信

    写真

    【【プロ野球】<国交省指定団体・民都機構>日ハムBPに39億円!施設整備を支援...国の資金を活用して出資.. 】の続きを読む

    1 2019/09/30(月) 14:24:49.84 ID:J6kbBDJi9
    新しいサッカースタジアムの建設資金確保に向けて、広島市は10月1日から、ふるさと納税制度を活用した個人による寄付の受付を始めます。

    新しいサッカースタジアムを建設するための総事業費は概算190億円で、広島市はこのうち1億円を個人から集めることを目標に、あすから寄付を受けつけます。
    この寄付は、ふるさと納税制度を活用し、寄付をした人は、税制上の優遇制度が受けられます。

    寄付の特典としては、1万円以上であれば記念カードの贈呈と新スタジアム内覧会への招待。
    さらに5万円以上の寄付では、新スタジアム内の芳名板に名前を掲載することができます。



    9/30(月) 12:20
    テレビ新広島

    【【広島】サッカースタジアム建設へ 1日から「ふるさと納税」で寄付受付 5万円以上で新スタジアム内の芳名板に名前掲載 】の続きを読む

    1 2019/10/02(水) 13:30:51.30 ID:IU/c+K+x9
    日本ラグビー協会の清宮克幸副会長が1日、スポーツ議員連盟の東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)づくりに向けたプロジェクトチーム(PT)会合に出席し、2021年秋に発足を目指すプロリーグ構想について「世界を二分するリーグをつくりたい。ヨーロッパ市場に対抗するような(年間収益が)500億円規模の環太平洋リーグにしたい」と訴えた。

     清宮副会長は他競技の国内プロリーグに比べて「ラグビーは世界のトップ選手を集められる」と優位点を説明。ワールドカップ(W杯)日本大会の12会場に参加チームの本拠地を置くことを改めて表明した。

    10/1(火) 21:44配信

    【【ラグビー】<協会の清宮副会長>プロリーグ構想を訴え「500億円規模の環太平洋リーグにしたい」 「世界のトップ選手を集められる」★2 】の続きを読む

    1 2019/10/01(火) 12:24:09.31 ID:9R25V08F0 BE:618588461-PLT(35669)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    故郷ポルトアレグレ郊外の大きな湖のほとりに、兄で代理人を務めるアシスと共同で890ヘクタールの土地を購入した。

    2009年、敷地内に全長142mの桟橋を建設し、橋の先端に船着き場と魚釣り用のスペースを設けた。
    周辺に水路やアスファルト道路も造った。

     ところが、湖の一帯は環境保護地区に指定されており、市はこれらの建造物を違法とみなして撤去を求めた。

    罰金の利子が4億7000万円に膨らむ。
    ここで素直に従っていれば、何の問題もなかった。しかし、兄弟はこの要請に従わず、監察官の立ち入りも拒んだ。
    市は2人を違法行為で訴え、2015年、地方裁判所が兄弟に桟橋の撤去と罰金80万レアル(約2080万円)の支払いを命じる判決を出した。

     ところが、兄弟はこの判決も無視する。

     昨年1月、この罰金が利子を含めて850万レアル(約2億2000万円)まで膨れ上がり、昨年9月、裁判所は兄弟のパスポートを没収した。

     引退後のロナウジーニョは、収入の大半を国外での活動で稼ぐ。外国へ出られなくなり、収入が激減した。

     それだけではない。彼は57の不動産を保有するが、うち19の不動産の土地家屋税を長年滞納しており、昨年末、それが罰金と利子を含めて約1800万レアル(約4億7000万円)となった。

    口座は640円、女性トラブルも。
     そして、これらの税金や罰金の滞納を理由に、ポルトアレグレ市はロナウジーニョが所有する不動産の売却禁止や差し押さえ処分を下す。
    その際、市当局が彼の銀行口座の預金も差し押さえようとしたところ、口座には約24.63レアル(約640円)しかなかった。


    【【残りxxx円禁止】ロナウジーニョ、預金がたったの640円に 】の続きを読む

    1 2019/10/01(火) 18:05:39.54 ID:2Tz1qGqM9
    楽天・橋本到外野手(29)が1日、球団から来季の契約を結ばないことを通告されたことを明かした。
    仙台育英高出身の橋本は昨オフ、巨人から金銭トレードで地元球団に移籍。

    11年目の今季は、外野のバックアップ要員として開幕1軍入りを果たし、2度のスタメンを含めて11試合に出場。
    だが、9打数無安打と結果が出ず、5月以降は2軍で調整を続けていた。

    この日、仙台市内の球団事務所で通告を受けた後に取材に応じた橋本は「地元の球団に拾っていただいて、
    地元で終われれば一番幸せかなという思いを持ってやってきました。
    ただ、去年はけがでブランクがあり、今年はけがなく1年間やれて、来年は今年以上のパフォーマンスを出せるんじゃないかと思っていた。
    正直、悔しい思いもある」と悩める胸中を吐露。「このままでは終われない。やれるまではやりたいと思いは強いです」と現役続行を目指す方向性を示した。

     橋本は俊足と強肩を生かした高い守備力に、好打も併せ持ち、14年には103試合に出場。
    打率2割5分6厘、11盗塁をマークしてレギュラーに定着しかけたが、その後は打撃不振に陥り、昨季は1軍出場がなかった。
    新天地での復活を目指した今季は、2軍でも68試合に出場し、打率1割6分9厘、1本塁打、10打点。課題の打力不足を克服できなかった

    10/1(火) 17:52配信

    成績

    【【楽天】元巨人・橋本が戦力外に…金銭トレードで加入も11試合で無安打、現役続行を希望 通算 404試合 .241 9本 79打点 32盗塁 】の続きを読む

    1 2019/10/01(火) 07:51:50.18 ID:KSziHEBo9
    クラブの構想などについて語るFC今治の岡田会長

    Jリーグ昇格を目指しているFC今治(JFL)の岡田武史会長(63)が9月30日、
    東京都内で開かれた経営コンサルタント会社大手「デロイトトーマツグループ」による「Jリーグマネジメントカップ発表会」の討論会に登壇。
    経営者としての視点で将来のクラブ構想について触れ「(営業収益)28~30億円の規模で、J1で優勝できるチームになろうと考えている」と語った。

    岡田会長は人口15・8万人の小都市、愛媛県今治市でスポンサーの獲得やファン・観客動員増に苦心、奔走してきた事例を指摘。
    AI、IoTなどテクノロジーの驚異的な進化の一方で「目に見えない信頼、共感にお金が回らないと行き詰まる」と新たな価値の創造、提供の重要性を強調した。

    その一端として、複合型スマートスタジアムの建設を計画している。
    岡田会長はイタリアで成功している名門ユベントスをモデルに挙げ「(競技場を)半日楽しめる場にしたらお客さんは来てくれる。スタジアムでも収入を得るスキームを作りたい」と話した。

    9/30(月) 21:47配信


    【【サッカー】目指せ日本のユベントス。FC今治・岡田武史会長「28~30億円規模でJ1優勝、半日楽しめるスタジアムも」 】の続きを読む

    1 2019/09/28(土) 20:32:16.22 ID:o+u+GqNV0 BE:828293379-PLT(12345)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon02.gif
    空前のフィットネスブーム 業態多様化トラブル増

     健康志向の高まりや来年に東京五輪・パラリンピックを控え、フィットネスブームに沸いている。
    市場規模は過去最高を更新し続け、平成29年には4610億円に。女性限定や24時間対応、1対1で指導するパーソナル(プライベート)ジムといった業態の多様化がブームを後押しするが、解約などをめぐるトラブルも目立つようになっている。
    急速な拡大が「質」を低下させる状況も見えてきた。(大渡美咲)

    続きはうぇbで

    【自宅から職場までの間にフィットネスクラブ10個近くある 儲かってんのかこれ? 】の続きを読む

    1 2019/09/29(日) 09:02:37.66 ID:ZTeBUYY29
    アイルランドのメディア「RUGBY LAD」が今年1月、当時の全世界のラグビー選手年俸トップ10を発表した。

     同メディアによると、1位は豪ワラターズに所属していた(現在は解雇)イズラエル・フォラウの114万ユーロ(約1・35億円)。2位のダン・カーター(神戸製鋼)が110万ユーロ(1・3億円)と続く。カーターは仏ラシン92に所属していた際、ラグビー史上最高額の年俸2・5億円(当時レート)を稼いだといわれた。それでも米プロスポーツのそれと比べればはるかに安い。

     日本はどうか。トップリーグの助っ人外国人選手は全員がプロ契約を結ぶ一方で、日本人選手は所属企業の社員が大半だ。さるマスコミ関係者は「ラグビー界は、選手年俸を一切公表していない」としたうえで、こう言った。

    「トップリーグでプロ契約を結ぶ助っ人は強豪国の大物選手で1億円程度。日本人選手は最低年俸が500万~600万円です。日本代表クラスは平均4000万円ほどで、稼ぎ頭は主将のリーチ、ロシア戦でハットトリックを決めた松島あたりでしょう。リーチは広告スポンサーを含めた年収が1億円、松島は年俸だけで5000万~6000万円を稼いでいるといわれています」

     世界のトップ選手が1億円程度で、日本の選手ともなるとさらに安い。野球やサッカー、テニスなどと比べても、ラグビー選手の稼ぎは「10分の1」程度なのだ。

    19/09/29 06:00 日刊ゲンダイ

    写真

    【【ラグビー】<年俸>野球やサッカーの「10分の1」世界のトップ選手が1億円程度で、日本代表クラスは平均4000万円ほど 】の続きを読む

    このページのトップヘ